SF

書評

『天の光はすべて星』夢と愛と哀が爆発するSF長編

主人公は元宇宙飛行士で、宇宙への思いを捨てられない「星屑」マックス。宇宙開発への情熱を失ったアメリカで、ある日木星探査計画を公約に掲げる上院議員候補の存在を知り、再び宇宙を目指す。エイリアンもレーザー銃もないSF長編。グレンラガンお好きな方は必読!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました