【ロイヒトトゥルム1917】品質・使い勝手が良いドイツ製の高級ノート

モノ
スポンサーリンク

大学ではフランス語を勉強していたのに、ドイツ製品が好きなよぴです。

皆さんはどんな手帳を使っていますか?モレスキン、トラベラーズノート、システム手帳を始め、最近はデジタルで済ませてますって方も多いでしょう。

私は根っからの紙手帳派なので、クオバディス、モレスキン、トラベラーズノートなどなどこれまでに様々な手帳を使ってきました。しかし、気合を入れて使い始めたにもかかわらず、他のノートに浮気したり本棚に放置するなど、「使わないものは買わない」という理想からは程遠い有り様…。

しかし!偶然見つけたロイヒトトゥルムというノートに遭遇しそんな状況が一変。ノート浮気性の僕が、もう一年以上も同じノートを毎日使い続けています。これはトンデモナイことですよ。

そのノートとはロイヒトトゥルム。ドイツ製で、その品質が認められ世界的に有名なノートなんだとか。ドイツ製ってだけでなんか良さそうですよね(ミーハー)!

雰囲気やブランド名ではなく、ノートとしての質にこだわりたい!という方に大変オススメのノートです。

スポンサーリンク

ロイヒトトゥルムの外観

ロイヒトトゥルムはカラーバリエーションが豊富で、全部で17色の中から好きなものを選べます。

手帳として使う場合は表紙の色にもこだわりたいところ。17色もあればお気に入りの色が見つかるでしょう。また、複数のサイズやハード・ソフトカバー、100周年記念の限定カラーや革の表紙などもあります。

また、ページレイアウトも「罫線」「方眼」「無地」「ドット」の4種類から選べます。使い方に応じて好きなものが選べますね。

ちなみに僕は黒のドットを選びました。最近(?)はやりのバレットジャーナルというノート術がドットを使うためです。

シンプルな表紙

手帳は真っ黒が好き

ロイヒトトゥルムの表紙は裏表ともにカラーの無地です。

一見すると革のようにも見えますが、おそらくモレスキン同様コーティング加工した厚紙と思われます。紙とはいえ汚れや水を弾いてくれるので、中身の紙をしっかり守ってくれます。

角の方は、しばらく使っていると傷や凹みができてしまいますが、むしろ味が出て良いですね。1年後にどうなっているか楽しみです。

表紙はゴムバンドで閉じることができます。カバンの中で中の紙が折れたりする心配がなくて嬉しいです。手帳としては当たり前の機能ですが、やはりありがたいです。

クリーム色の紙

クリーム色の紙
ドットは使いやすくてオススメ

さて、肝心の紙について。まず外観ですが、薄いクリーム色をしています。

紙色については好みもありますが、真っ白の紙だと光の反射が強くてちょっと五月蝿いのです…。一方でクリーム色は光の反射を抑え、特に青系の光を吸収しているそうで、真っ白の紙よりも目に優しいそうです。

改めて考えると、本とか試験用紙って若干クリーム色っぽい紙を使ってますよね。長時間使用するものですから、目に優しい色を選んでいるのですね!

開いても平面

開いても平面になるノート
筆記用具を選びんませんぜ

ロイヒトトゥルムのページ数は251ページ。ノートとしては分厚い部類でしょうか。

分厚いノートは開いたときに、閉じている部分が膨らんでしまって書きにくいことがあります。しかし!ロイヒトトゥルムはどのページを開いてもちゃんと紙が平らになります!180°バッチリ開くのです!

これは個人的にノート選びでかなり気にしている部分です。僕は万年筆を使っているのですが、万年筆で曲面に文字を書くのは至難の業です。

ボールペンなら押し付けて書けますが、万年筆はそういう使い方できないですからね。

ロイヒトトゥルムの特徴

ロイヒトトゥルムは外観もさることながら、ノートとしての機能面も大変優れています。

モレスキン等のノートと共通する特徴もありますが、個人的にはモレスキンよりもロイヒトトゥルムのほうが使い勝手は良いと感じています。

一つずつご紹介します。

インデックスとノンブル付き

目次ページ
目次ページを作る手間が省けます

ほとんどのノートって1枚目からいきなり書き始めですよね。

ただのノートとして使うにはこれでも問題ありませんが、手帳として使うことを考えると冒頭には目次ページ(インデックス)がほしいのです。

ロイヒトトゥルムは最初の3ページが目次ページになっているので、自分で用意しなくてすみます。

ノンブル付き
全ページにふられてます

しかも、ページ番号(ノンブル)もはじめから振られているので、わざわざページ番号を書き込まなくてもよいのです!素晴らしい…。

書き溜めた過去のメモや予定の中から情報を探し出すのは思いの外面倒ですが、目次を作っておけば非常に楽にアクセスできます。

アナログ手帳の弱点である検索性の低さを補うこともできますね!

しおり紐が2本

しおり紐
無地とストライプ。

私は月の予定ページと、その日ごとにページを分けているのですが、しおりが一つしかないと片方しかすぐに開けなくて不便なんですよね。

ロイヒトトゥルムはしおり紐が2本付いているので、こういった心配は無用です。しかも紐の色が違うので、「ストライプありは月ページ、無地はToDoリスト」みたいな使い分けもできます。

ロイヒトトゥルムの使い心地

ロイヒトトゥルムは機能性もさることながら、ノートとしての品質=紙の品質も最高です…。全部最高じゃんかよ。

中性紙を使っている

紙は中性紙を使っています。

僕は化学に疎いのですが、どうやら紙の状態がpH7か弱アルカリ性のもののことを言うそうです。pHとは酸性・アルカリ性の強弱の単位で、0~14までの数値があります。なるほど、pHの値は7が真ん中なので「中性」なのですね。

20世紀半ば以前に生産されていた酸性紙は耐久性が低く、すぐに劣化してしまったそうです。一方でその後に誕生した中性紙は耐久性に優れています。

酸性紙が100年ほどで劣化するのに対して、中性紙は400年ほど保存できるそうです。

そんなに長生きする予定はありませんが、少なくとも僕の一生程度であればしっかり保存できそうですね!

書き心地は最高、インク抜けも基本無い

肝心の書き心地ですが、大満足です。

質の低い紙に万年筆で文字を書くと、にじんだりすれたりします。手帳として扱う関係で文字が小さくなるので、紙の品質はかなり重要です。(正直モレスキンは裏写り、にじみ、すれまくり)

ロイヒトトゥルムの紙はかなり質が良く、万年筆はもちろんゲルインクボールペンや鉛筆で書いても引っかかりや妙なザラつきなどは全くありません。

基本的に万年筆しか使っていませんし、その万年筆も高級品ではありませんが、とにかく書き心地には一切の不満なしです。単純な紙の書き心地としてはツバメノートが一番好みですが、手帳としてガシガシ使い込む分にはこれで必要十分です。

また、モレスキンの重大な欠点であるインク抜けについても、ロイヒトトゥルムは問題なし!

紙が薄いので裏が透けて見えることはありますが、インク抜けは一切ありません。

まとめ

ロイヒトトゥルムは品質、機能性、デザインともに最高級のノートです。1冊3000円強という価格設定も納得です。どんな使い方でも満足できるノートですので、自分で使うのはもちろん、プレゼントとしても良いものかと思います。

最近は街の文房具屋でも見かけるようになりましたが、やはりAmazonや楽天での購入が一番楽かと思います。

今回も最後まで読んでくれてありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました