Cravarは最強の革ブリーフケース!フルグレインレザーの鞄が5万で買える。

モノ

安物の鞄を会社に持っていくことに、抵抗はありませんでした。

正確には、スーツや靴にお金を使ってしまったので鞄を買う余裕がなく、就活のために兄から譲ってもらった鞄を使っていただけですが…。

流石に使い込んでぼろぼろになったので新しいものを買うことに。様々なものを比較した結果、Cravar Alpha 15という鞄を買いました。

これから社会人になる方、今の鞄が古くなってしまった方、他の人とは一味違う鞄を使いたい方。そして何よりも、一生モノの鞄を安く手に入れたい方。この鞄、超オススメです。

Cravarの鞄は…
1. フルグレインレザー
2. 古風で無骨なデザイン
4. 一生保証&5万円以下
スポンサーリンク

質の良い革と無骨なデザイン。

Design

Cravar

Cravarの特徴はそのデザイン。この溢れんばかりの無骨さは他に類を見ません。

今回購入したのはCravar Alpha 15というモデル。Espressoというカラーです。

このデザイン、好きな人にはドンピシャだと思うのですがどうでしょう。スーツ着てこの鞄持つだけで脳汁が分泌されますね。(一部の人には学生鞄みたいと言われますが…)

古風な見た目をしているので、スーツやジャケパンなんかと相性が良さそうです。好きすぎて休日も持ち出していますが、割となんでも合いますよ。汎用性高いです。好き。

さて、鞄のスペックは以下の通り。

植物なめしのフルグレインレザー使用

Cravarの製品は、革の中でも最上級と言われるフルグレインレザーを使っています。

フルグレインレザーの特徴は以下の通りです。

  • 汚れや傷の少ない品質の良い革を使用
  • 表面の傷や汚れを落とす工程を省略
  • 革本来の特性を残している

表面の汚れ落としてないの?と思われるかもしれませんが、汚れや傷がもともと少ない革を使っているのです。

表面の光沢やシワなど、味があって大変良いです。

また、植物なめしについてですが、ざっくりいうと「総天然仕上げ」的な感じです。

  • 植物性の素材だけで革を加工
  • 経年変化により色艶が出てくる
  • 使い続けることで革を育てる

化学薬品等を使わない伝統的な製法で作られており、経年変化が強いとのこと。

まだ購入してから時間が経っていないため、目に見えた変化はありません。しかしながらこの製品、なんと一生保証です。10年、20年と使ううちに色艶が生まれてくることでしょう

時間経過による革の変化を劣化と捉えるか、大切に使い込んで育てていくと捉えるか。

革製品が好きな人は、革を育てることが好きなはず。この鞄なら一生かけて育てられそうな気がします。

さて、植物なめしの弱点は耐水性の低さですが、Cravarの革はそこもこだわっているらしく撥水性ハンパないです。

真似はしたくないですが、ちゃんと水を弾いてます。雨が降っても全く問題ないです。

ちょっとシミにはなりますが、乾いたタオルで吹いてあげれば翌朝には回復します。

金属は真鍮製

Cravarの鞄はほとんど革でできていますが、ハンドルや留め金など一部に真鍮を使っています。

BrassParts

真鍮って良いですよね。真鍮製のマネークリップを持ってますが、使い込むうちにサビが付いて風味が出てきます。ちなみにCravarはユーズド加工がされているのか、若干くすんだ色をしています。

磨けばピカピカになるのでしょうが、それでは色気がないのでこのまま使い倒してやります。

また、天板には金属が使われているので非常に頑丈です。型崩れやへたれとは無縁ですので、安心して使えます。

スポンサーリンク

サイズ、カラーのバリエーション

Cravar Alpha は15inchと13inchサイズがあります。

僕は15inchを使っていますが、仕事に持っていくときも物が入らなくて困ったことはありません。休日に一日持ち歩くのにも十分な大きさです。(元々モノを持たないからでしょうが…)

13inchの方が取り回しやすいと思いますが、画面の大きいノートパソコンとかだとギリギリかもしれません。

それから色はEspressoとFoxの2色が選べます。Espressoはその名の通りエスプレッソみたいな色しています。

Foxは実物を見ていませんが、Espressoよりも赤みが強いです。Foxの方が色合いが軽やかでカジュアルっぽいですね。

ミニマリスト向けかも

さて、鞄を選ぶときに気になるのが容量です。

Cravar Alpha 15はサイズが大きいものの、革の厚みもあるため実はそんなに多くの荷物は入りません

僕が中に入れいているものは以下の通り。

鞄の中身

財布、筆箱、手帳、本、メガネケース、バッテリー、iPad Pro 12.9inch

以上です。これでパンパンです。

元から荷物はあまり持たないほうですから、大変満足です。

鞄とは関係ない話ですが、本当に自分に必要なものについて考えると、案外いらないものばかり持ち歩いてたりします。使わないものを持ち歩いても邪魔なので、前の鞄から不要なものを駆逐した結果こうなりました

この鞄はちょうどよいサイズ感でして、新しいものを入れようとすると、何かを捨てないといけなくなります。

今使っているモノを末永く大事にしたい僕にとっては、まさに理想の鞄なのです。

もしかすると欠点かもしれない部分

最後に、欠点かもしれない部分について。

まずは鞄の重さ。98%くらいが肉厚の革でできているので、何も入っていなくてもそこそこ重たいです。公式のスペックでは1.85kgとあります。

空の状態で、荷物が入ったカミさんの鞄ぐらいの重さがありました。人によっては日常で使うには少々重たすぎると感じられるかもしれません。ショルダーストラップを使ったり、スーツケースのハンドルに挿しせば回避できるかと思います。

そして盲点だったのが、鞄の開け閉めの手間です。

ご覧のように蓋から伸びるストラップを固定する方式なのですが、鞄を持ったまま開け閉めするのは至難の業です。どこかにおくか、ショルダーストラップと併用しないとキビシイです。

移動中に頻繁に出し入れするものは、ポケットに入れるようになりましたよ。

まとめ

偶然ネットで見つけ、一目惚れして買ったCravar Alpha 15。

5万円以下でこの品質はコスパ高いし、何よりも一生保証付きというのがポイント。ちゃんとお手入れして大事に使えば、いつまでも使えそうです!!

ちなみにCravarは国内では販売しておらず、公式サイトからの購入になります。

登録すれば割引してもらえるし、発送料もかからないです。発送した際の伝票をメールで送ってくれるので、追跡も簡単でした。(配達されるまで仕事が手につかなかった)

他人とは違うものを使いたい病の人、これから社会人になる人、革が好きな人に大変オススメの鞄です。カメラバッグもあるので、カメラ好きもご覧あれ。

読んでくれてありがとうございました!

スポンサーリンク